吉野桧

和名 桧(特に奈良県吉野地方のものをいう)
学名 Chamaecyparis obtusa Endl. ひのき科
主な産地 奈良県吉野村
主な特徴 国産の桧のうち、特に奈良県吉野地方のものに限定して、吉野桧と呼ぶ。節のない部分をこのむ傾向から造林の際にも手入れされており、高級材とされる。芯材の赤みがほんのりと薄く、大変美しい。
気乾比重 0.41
強度 曲げヤング係数
曲げ強さ
せん断強さ
加工適性 鋸断性
乾燥性
塗装性
主な用途 建築材(構造、装飾)
一般建築の柱などにも多用されるが、高価なため近年は使用量は減少しており、主に突き板としての生産が主力となりつつある。