木曽檜

和名 桧(特に長野県木曽地方の自然林のものをいう)
学名 Chamaecyparis obtusa Endl. ひのき科
主な産地 長野県木曽郡
主な特徴 国産の桧のうち、特に長野県木曽地方に生育する自然林のものに限定して、木曽桧と呼ぶ。大径木が得られ、木目も詰んでいて大変美しい。芯と周辺の色味の差が小さく、一般の檜に比較すると樹脂分が少ない。
気乾比重 0.41
強度 曲げヤング係数
曲げ強さ
せん断強さ
加工適性 鋸断性
乾燥性
塗装性
主な用途 建築材(構造、装飾)
特に寺社仏閣などに好んで使われる
大変高価なため内装用途が主となる。
image

image