瑕疵担保責任の特例-保証する内容

どのようなことがどのように保証されるのでしょうか。

どのようなことが?

引き渡し後10年以内に発生した構造上の主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に分に発生した瑕疵が対象となります。

これらの部分以外は対象とはなりません。また、これらの部分に問題が生じてもそれが即保証の対象とはなりません。あくまでもそれが瑕疵である場合のみに保証の対象となります。

瑕疵とは?

基本的に施工が正しく行われなかったことにより発生した問題を指します。また、使用した材料が不良品であった場合なども含みます。

使用している材料が経年劣化したことにより発生する問題は含みません。また、通常適切と思われる施工が行われているにもかかわらず発生した場合も含みません。

また、施主からの要望や、問題が生じるおそれがあるとわかっていてそれを承知の上で施工することを施主が認めていた場合などはこの場合の瑕疵には含まれません。

どのように?

修理を要求することができます。また、賠償を請求することができます。このいずれか、または両方を選択するのは住宅の購入者(施主)の自由意志によります。たとえば最低限の補修を行い、賠償金で残りの部分を解決したり、まったく修理せずに賠償金のみで解決することも可能です。

なお、賠償金により解決した場合には、その部分は施主により補修がなされたものと見なされますので、補修せずに居住していた場合にその部分にさらに瑕疵が発生しても保証を受けることができない可能性があります。