木についての豆知識

樹種についてのマメ知識

和室では木を見せることが重要視されています。日本ならではの建築法ですね。したがって、それぞれの木 がどのような木目を持つかよく理解して使うととても美しい和室ができあがります。また、洋室でもそれぞれの木の 特長をよくしって使うと、それだけでデザインの一部として仕上げることも可能です。

国産の木(広葉樹)
木目の写真
樹種名
解説
image たも

(柾目)

主に洋室に使われます。カウンターやドアなど素直な木目が特長で すので、嫌みがありません。

年輪の境界に大きな導管が帯状に配列していて環状になっているので年輪がはっきりしている。 心材は褐色で、辺材は淡黄白色。

用途:家具、器具、内装用途、野球のバットなど

準備中 なら 北海道産が代表的です。

年輪の境界に大きな導管が帯状に配列していて環状になっているので年輪がはっきりしている。 心材は褐色、辺材は淡色で、その差ははっきりしている。また、放射状の組織があり、柾目にとると、 ”とらふ”と呼ばれる杢がでます。そのため家具などに重用される高級材です。

用途:洋風家具、床板(フローリング)、洋酒樽、など

準備中 にれ 北海道をはじめとして本州、四国、九州などに広く分布。

心材と辺材の境界は明らかで、心材はくすんだ褐色、辺材はくすんだ白色です。大きい導 管が環状に配列するため年輪ははっきりとしています。幹にコブがある場合などは美しい杢があら われ、化粧的価値が高まります。

用途:家具、内装などで淡色が好まれる場合など

準備中 欅(けやき) 本州、四国、九州など北海道以外で産出します。

大きい導管が環状に配列するため年輪ははっきりとしています。大径になったものにはコブが ある場合があり、いろいろな形の杢が現れることがあります。美しい杢では価値が大変高くなりま す。心材は黄褐色から赤褐色、辺材は黄白色から淡黄褐色で、その差ははっきりしています。

用途:建築、家具、臼、杵、太鼓の胴、彫刻など

準備中 福島、岩手などが有名

心材は淡褐色で、辺材はそれより若干淡色。その差はほとんどはっきりしません。 年輪もさほどはっきりとはしていません。大変軽く、防虫効果を持つので、タンスなどによく使われる。

用途:家具(タンスなど)、建具、箱、楽器(琴など)など