木についての豆知識

樹種についてのマメ知識

和室では木を見せることが重要視されています。日本ならではの建築法ですね。したがって、それぞれの木 がどのような木目を持つかよく理解して使うととても美しい和室ができあがります。また、洋室でもそれぞれの木の 特長をよくしって使うと、それだけでデザインの一部として仕上げることも可能です。

国産の木(針葉樹)
木目の写真
樹種名
解説
image
杉
(写真は板目)
本州、四国、九州に分布する日本の代表的な樹種です。建築用 材の女王と呼ばれる場合もあります。

心材と辺材の色の差がはっきりとしています。心材は桃色から濃い赤褐色まで幅があり、中に は黒いものもありますが、黒いものは利用上問題があることが多いことから嫌われます。辺材はほと んど白色です。特有の芳香があり(樽酒の木香、和菓子の箱の香りなど)、年輪もはっきりしてい ます。肌目が粗で、比較的軽い。

奈良県をはじめとする紀州でとれる杉は吉野杉と呼ばれ高級とされる。他に尾鷲、天竜、日 田、飫肥などが産地として知られています。

また、秋田県地方でとれる杉で中心部の赤い部分のみを秋田杉と呼び最高級とされる。

用途:建築(構造、内装いずれにも使用します)、家具、包装、樽、下駄、割箸など

image

(秋田杉柾目)

image
桧
(写真は板目)
日本の代表的な樹種です。木曽地方の桧が最も有名で木曽五 木の一つ。建築用材の王様と言われます。

心材の色は淡紅色で、辺材はほとんど白色で、年輪はあまりはっきりしていません。肌目が精で 、均質な材料が必要な用途に適しています。仕上がると美しい光沢があり、特有の芳香があるの で高級とされています。耐朽性が高く、長期間にわたる水湿にも強い。

桧のなかでも長野県木曽地方産は木曽桧と呼ばれ最高級とされています。また、奈良県吉野 地方産は吉野桧と呼ばれこれも最高級とされます。いずれも木目の赤い部分(中心に近い部分) と白い部分(周辺に近い部分)との色の差が少ないのが特徴です。

用途:建築(構造、内装いずれにも使用します)、家具、彫刻(仏像など)、桶、蓄電池のセパ レータ、風呂桶など

image

(木曽桧柾目)

image

(つが、とが)

(柾目)

関東以南に分布します。

年輪の幅が狭く、フロコソイドという成分を含みネズミはこれを嫌います。心材は淡桃褐色、 辺材は淡色、年輪ははっきりとしていてます。

用途:建築、パルプ、長押、敷居、鴨居、など

image
ひば

(柾目)
心材と辺材の色の差はあまりありません。全体に淡黄色で年輪も はっきりとしていません。独特の匂いがあります(杉や桧のような芳香とは違います。匂いです)。心材は 水分に強く、ヒノキチオールを多く含みますので抗菌性があります。

特に青森産は青森ひばと呼ばれ最高級とされています。

用途:建築、特に耐候、防虫効果が高いため土台にも使われる。