木についての豆知識

乾燥と狂い

木材は植物ですから、本来大量の水分を含んでいます。しかしながら、伐採したあとは水分の補 給ができませんので、徐々に水分が減っていきます。するとこの過程で木材の細胞に含まれる水分も 減っていきますので、収縮がおこります。(どうして木は反るの?を参照)

この収縮はすべての部分で均一に生じれば、木材が少し小さくなるだけですむのですが、かならず しも均一に収縮するわけではありません。すると、ねじれたり、曲がったりということがおこります。

これは木材を住宅に使用するときには、大きな問題となります。

昔は、水分を多く含んだ木材(生木またはグリーン材と呼びます)であっても、大工さんが木の性格 を見ながらゆっくりと時間をかけて家をたてたので、自然と完工までには乾燥していたのですが、 現代では着工から完工までほとんど自然乾燥する時間はないほどのスピード で工事が行われます。

そこで必要になってくるのが、あらかじめ乾燥させた木材を使うことなの です。

よく聞くでしょう?入居してしばらくしたら

などなど。

これらはみんな、木材の乾燥に伴う収縮・変形が原因の場合が多いのです。

グリーン材と乾燥材では乾燥材のほうがいくらか高くなってしまうのも事実です。

また、乾燥させることによって、うれしいことに木材は強度が増します。 また、金額的には数十万円にも満たない金額です。あとで、上に書いたようなことに悩まされないため にも、ぜひ乾燥材を使うように工務店・ハウスメーカに要求しましょう。