住宅と健康

近年、高気密・高断熱をうたう住宅が増えてきました。これはこれで大変すばらしいものですが、 同時に問題も発生してきました。それが化学物質による問題です。従来の住宅では、適度(?)に換 気がなされていましたから、化学物質があっても濃度が低く問題は生じにくかったといえます。しかし、高 気密・高断熱の家ではわずかな放出量であってもそれが蓄積しやすいため(すぐれた気密であるほど換 気が少ない)化学物質による問題が発生しがちであるともいえます。最近において特に問題となっ ているのがホルムアルデヒドと呼ばれる物質です。とうとうここに至って、建築基準法において規制が なされました(平成15年7月施行)。ここでは化学物質の被害にあわないための基礎的な知識につ いて述べています。

 

1-1.ホルムアルデヒド

1-2.ホルムアルデヒドによる影響

1-3.対策

1-3−1.新築時に注意すること。

1-3−2.入居時に注意すること。

1-3−3.おきてしまったら。

1−4.そのほかの化学物質

2.有害ガスの発生の可能性

3.弊社の対応 


1−1.ホルムアルデヒド

現代の住宅には大変多くのところで使用されている薬品の一つです。たとえば、

壁紙を貼るときの接着剤の溶媒

ベニヤ板、パーチクルボードなどを製造する場合の接着剤の原料

科学畳

などに使用されています。

では、どのような影響がおこるのでしょうか。

 


1−2.ホルムアルデヒドによる影響

基本的にはアレルギー反応を起こします。たとえば、湿疹、くしゃみ、はなみずなどがそれです。特にひどくなると過敏症になる場合もあるようです。ただし、あくまでも量の多少に大きく左右されます。たとえば、自然界のものでも多かれ少なかれこのような化学物質は含んでいます。(たとえば木材などにも、ごくごく微量ではありますが含まれています。)

では、どのようにしたらよいのでしょうか。

 


1−3.対策

1−3−1.新築時に注意すること。

使用する材料に注意します。しかしながらホルムアルデヒドを含まない、もしくは量がすくないものは 価格が若干高くなる傾向にあります。平成15年7月からは建築基準法が改正されたことにより対象とな る建築材料にはかならず表示がなされるようになりました(表示のないものは第3種といってホルムアルデヒ ドがもっとも多く発散する材料の分類です)。今後はこの表示を目安として選べばよいでしょう。また、 内装仕上げの場合にはこの表示に応じて使用できる量も制限される場合があります。建築業者によ く確認し、納得のいくまで説明してもらいましょう。

また、羽目板と呼ばれる壁面材を使用する方法もあります。

なお、建築基準法で規制されるのは

です。たとえば無垢の木材などは規制の対象外で無制限に使用が可能です(ただし、無垢の 木材からホルムアルデヒドが発散しないかというと、微量ではありますが発散します。ですが、トマトなど からも微量発散しているとされているぐらいなので有害であるわけではないと考えられます)。


建築基準法に基づく化学物質に関する規格

建築材料の区分 ホルムアルデヒドの放散 JIS,JASなどの表示 ホルムアルデヒド放散量 内装仕上げ使用の制限
建築基準法の規制対象外 5μg/mh以下 F☆☆☆☆ 0.3mg/l以下 無制限
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料 5μg/mh 〜20μg/m F☆☆☆ 0.5mg/l以下 使用面積が制限される
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料 20μg/mh 〜120μg/m F☆☆ 1.5mg/l以下
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料 120μg/mh以上 無印 5mg/l以下 使用禁止

内装仕上げ使用の制限とは

改正された建築基準法においては特に内装仕上げにおいてホルムアルデヒド放散量を厳しく制限する内容となりました。

N2S2+N3S3≦A

A:床面積

N2、N3:下表の値

S2、S3:第2種、第3種ホルムアルデヒド発散建築材料の使用面積

居室の種類 換気回数 N2 N3
住宅などの居室 0.7回/h以上 1.2 0.2
0.5回/h以上 2.8 0.5
上記以外の居室 0.7回/h以上 0.88 0.15
0.5回/h以上 1.4 0.25
0.3回/h以上 3.0 0.5

たとえば

住宅の居間などであまり換気をしないようなケースでは、たとえばF☆☆☆の表示のある建築材料でさえ、床面積の約30%程度しか使用できないことになります。これは8畳間の場合ではF☆☆☆表示のベニヤ板でさえ3枚使用しただけで基準法違反になることになります。

なお、F☆☆☆☆表示のある建築材料は無制限に使用が可能です。F☆☆☆☆の表示がある建築材料を使用すれば安心でしょう。

上の規制を満足するためには住宅の居室の床にはF☆☆☆のフローリングを使用することは不可能になります。住宅以外でもフローリングにはよほど換気を行わない限りF☆☆☆は使えないことがわかります(なぜならN2が1以上の場合には使用できる面積は床面積よりも少なくなるので、フローリングで床を全面覆い尽くすと規制を満足できないからです)。


旧来のわら畳の方がよいかもしれません。しかしながらわら畳の場合には防虫が義務づけられており、殺虫剤・防虫剤についても注意するべきでしょう。


以上のうち、接着材の使用量(それぞれ同量の材料同士で比較して)は一般に

ベニヤ板(MDF,パーチクルボード)>壁紙>単板(塩ビ)貼り建材(MDF芯、パーチクル芯)>単板貼り集成材>積層集成材≫無垢

となります。これらは同一の体積で比較した場合ですから、実際の使用量を考慮して考えなくてはなりません。また、ベニヤ板をはじめとする建材類は工場でつくってから実際に使用されるまでにはいくらか時間があるため、(特に最近では意識して時間を置く業者(製造業者の場合も施工業者の場合もあります)もあるようです。これによってかなりの量のホルムアルデヒドは飛散してしまいます)ホルムアルデヒドはある程度は飛散しますが、壁紙は建築現場で接着剤を使用し、しかも比較的工事の後半で使用されるためおもったより問題が大きいことがあります。いずれにしても施工業者とよく相談するとよいでしょう。


1−3−2.入居時に注意すること。

新築の家でにおいが気になると思ったら、ストーブと加湿器を準備してください。 まず、部屋を閉め切って加湿し、ストーブを炊きます。これで部屋にはにおいがさらに充満してきますから、ある程度のところで窓を開けて換気します。 これを何度か繰り返します。ホルムアルデヒドが接着剤から遊離するのは化学反応ですので、 温度が高ければ高いほど、湿度が高ければ高いほど、反応は進行しホルムアルデヒドが放出されます。 ところが放出されるホルムアルデヒドの量には限りがありますから、これによってあらかじめホルムアルデヒドを飛ばしてしまえば問題は生じにくくなります。新築の家はにおいが気になりますが、築後時間の経った家はふつうはにおいはしません。これと同じことを人工的に行うわけです。

また、入居時ににおいが気にはならなくとも、それが冬であったなら用心のために上記のストーブ・加湿器作戦を実行した方がよいかもしれません。なぜなら冬は気温が低く、乾燥しているため問題がないかのように感じてしまうことがあるからです。夏になってみたら、やっぱりにおいがするなんていうこともありますので注意してください。


1−3−3.おきてしまったら。

冬に入居すると、入居直後は問題なくても、夏になると問題となることがあります。これも温度があがることによってホルムアルデヒドの遊 離現象が進行することが原因です。可能であれば、その部屋を使用せずに2 番のストーブ・加湿器作戦を実行します。だめなら、とにかく換気です。暑くても我慢して窓を開けてください。


1−4.そのほかの化学物質

以上はホルムアルデヒドについて述べましたが、人体に影響を与える化学物質はホルムアルデヒドだけではありません。現在ではホルムアルデヒドが注目を集めていますが、ほかにも環境庁が優先取組物質としてあげるだけでも以下のような物質があり、ホルムアルデヒドの対策が進んだ段階では問題となっていくのは明らかです。また、塩化ビニルなどのように単体では問題がないものでも燃焼などによって有毒ガスを発生させるものもあり、これらにも注意をおこたらないようにするべきでしょう。またクロルピリホスは平成15年7月に施行された建築基準法において使用が禁止されました。

物質名称 国内基準 WHOによる基準 おもな原因物質 記事
塩化ビニルモノマー 塩化ビニルの原料
1,3-ブタジエン ニトリルゴム系接着剤など
アクリロニトリル アクリル・ABS樹脂など
アセトアルデヒド 防カビ剤、還元剤、香料など
トリクロロエチレン 溶剤、殺虫剤など
ベンゼン 染料、防虫剤、防腐剤など
テトラクロロエチレン 溶剤(医薬品、香料、メッキ、ゴム、塗料)など
塩化メチレン 樹脂、ゴム、ワックスなど
クロロホルム フッ素系冷媒、フッ素樹脂、溶剤など
酸化エチレン 有機合成原料、界面活性剤、殺菌剤など
クロルピリホス 平成15年7月より使用禁止

2.有毒ガス

建築資材のうち、内装用途のもののうちの一部には表面が塩ビ(塩化ビニール)のシートに木目を印刷し、パーティクルボードなどの表面に貼り付けたものがあります。たとえばドア、ドアの枠、サッシ窓などの枠、カウンターテーブルなどに多く見られるようです。これらは大変安価に製造でき、見た目も本物の木と素人目には区別がつきにくいため、主に安価な製品によく使用されています。しかしながら、上に述べたように接着剤による化学物質の問題もさることながら、(あってはならないことですが、)塩化ビニールは燃焼した場合(最悪のケースとしては火事ですが、それ以外にもちょっと焦がしちゃったとかなんて場合もあり得ます)には化学反応により塩素ガスという有毒ガスや最悪のケースとしてはダイオキシン(ベトナム戦争で使用された枯葉剤の原料・猛毒)が発生するということを理解してください。安価な建築資材はこのようなリスクを理解せずに利用するとあとで後悔するかもしれません。しかも、廃棄した場合には通常燃やされることになりますから、地球環境にも影響を与えることを理解してください。


3.弊社の対応 

弊社では上記のことをふまえ、お客様の立場で考え、下記の通り実施いたしております。

規制の対象となる商品はすべてF☆☆☆☆をクリアすること

それによるコストアップは商品に転嫁せずコストダウン努力によって吸収すること

弊社では対応を完了しており、弊社の商品はすべてのお客様が安心して制限なくご利用いただけることをお約束いたします。