素朴な疑問のページ

一般に内装にもちいる場合、木目の美しいものが好まれますが、これらは大変高価なものとなって います。特に近年は良質の木材が減少しておりその傾向は顕著です。集成材やいわゆる新建材な どではこれらの良質の木材を薄く(1mm前後)スライスして、基台となるものの表面に貼り付けることに よって外観が美しく、かつ丈夫・安定な建設用の材料に仕上げています。突き板とはこの表面に貼り付 ける薄くスライスした板のことを言います。カンナで薄く突いて板を得ることからこの名前が付きました。突き 板は大きく分けて2種類あって、スライス単板とロータリー単板があり、前者は直方体の原料をふつうにカ ンナでスライスします。後者は丸太を大根の桂剥きのようにしてスライスします。スライス単板は原木の 丸太をいったん四角く製材したのちにスライスするため歩留まりがわるいのですが、ロータリーの場合は丸 い丸太をそのままスライスするため歩留まりに優れます。しかし、年輪と平行してスライスすることになる ので木目の美しさでは劣ります。また、見た目はこれら天然木のものにそっくりなのですが、塩ビのシートや 紙などに木目を印刷したものを同様に建材の表面に貼り付けたものも市場には多く出回っています。

いかにそれぞれの長所・短所をあげます。

特長 短所 記事
スライス ・木目が美しいままの単板が得られる

・ひび割れなどがおきにくい

・丸太を四角く製材してからスライスするため歩留まりが悪く価格が比較的高い 主に、和室用の化粧柱や敷居鴨居などの普及品にみられます。また、洋室用 建材でも中級以上のものにも見られます。
ロータリー ・丸太をそのままスライスするため歩留まりに優れ安価 ・年輪とほぼ平行にスライスしていくため、木目がぼやけて美観に劣る

・桂剥きしたものを平らにして貼り付けるため時間の経過とともにひび割れを生じやすい

建材と呼ばれるものに多く使われています。たとえば、ベニヤ板をベースとしたフ ローリングのほとんどがこれを使用しています。
挽き板 ・木目が美しいままの単板が得られる

・ひび割れなどがおきにくい

・厚い単板を得ることができるため、高級品向き

・丸太を四角く製材してからスライスし、さらにのこぎりで挽くためのこぎりの刃の厚 み分の原料がおがくずとなってしまうためスライスよりも歩留まりが悪く価格が高い 主に、和室用の化粧柱のうち、高級品に見られます。
塩ビシート ・印刷なので木目の美しいものを極安価に得ることができる

・ひび割れはおきない

・雑巾掛けしてもへっちゃら

・木材本来の油分を含まないので、木であれば時間とともに艶がでてくるが、塩ビ はそれがない

・(あってはならないが火災などで)燃やしたりするとダイオキシンという猛毒を発することがある

建材類(ドア、窓枠、階段など)のうちもっとも安価なものに見られます。
紙など ・印刷なので木目の美しいものを極安価に得ることができる

・ひび割れはおきない

・木材本来の油分を含まないので、木であれば時間とともに艶がでてくるが、塩ビ はそれがない

できれば挽き板にしたいところですが、値段の都合もあるでしょうから、スライスならばよしとするべきでしょう。 ロータリーは安価な建材(フロア・階段など)によく見られますが、材料としての良否から考えると若干疑問の 残るところです。